現在施工中の新築・リフォームの工事の様子をご覧頂けます

名古屋市中川区 F様邸

2019.7.10更新 (2019年5月8日着工 )

所在地 名古屋市中川区
工 期 2019年5月8日着工
構 造 木造在来軸組工法
工事内容 新築/注文住宅
担当デザイナー

2019.7.10

バルコニー部分です。

 

2019.7.6

屋根が架かったら、構造金物を接合部分に取付けていきます。

2019.7.3

連日の雨があがり、ついに待ちに待った上棟日がやってきました!
クレーンも使用しながら、構造体が1日で屋根まで組み立てられる日です。

木材に書いてある文字は、どの場所にどの柱を組み立てるかの目印です。
屋根まで組んだら、「ルーフィング」と呼ばれる屋根の防水シートを施工していきます。

2019.6.22

構造用合板で床を貼っていきます。
少しづつ上棟日が近づいてきました!準備万端です♪

組んだ土台に断熱材を入れていきます。

2019.6.21

基礎の立ち上がりの上に、柱を立てるための”土台”を施工します。
よく見ると、基礎と土台の間には”基礎パッキン”と呼ばれる黒色の部品が施工されています。

土台伏せが完了したら、薄いシートで養生をします。
そのあとは、さらに上からブルーシートで全体を覆います。

2019.6.10

水色に見えるものは、基礎の断熱材です。
基礎のコンクリートに施工することで、床下空間からの暖気や冷気の影響を抑える工法です。快適に過ごしていただきたいです。

基礎のコンクリートが固まり、型枠を外した所です。
アンカーボルトはコンクリートと一緒に埋め込むことで、土台と基礎をしっかり連結します。

2019.5.30

基礎のコンクリートを流す為に、配筋を進めていきます。
鉄筋を曲げたりしながら、結束線で固定し組み立てていきます。

全景風景です。

 

2019.5.27

丁張の様子です。
配筋を組んでいく前段階です。

2019.5.24

柱状改良工法で地盤改良工事を行っている様子です。
土の中にコンクリートの柱を造り、地盤をしっかりと固めていきます。