現在施工中の新築・リフォームの工事の様子をご覧頂けます

名古屋市U様邸

2018.10.13更新 

所在地 名古屋市
工 期 2018年6月25日着工
構 造 木造在来軸組工法
工事内容 新築/注文住宅
担当デザイナー

2018.10.13

LDK完成状態です。住んでいいただくのが楽しみです。

アクセントクロスをご採用いただきました。アクセントクロスを用いる事で個々の部屋に個性を出すことができ、変化が楽しめますね。

2018.10.2

クロス工事が進められています。これはPBのジョイント部分やコーナー部分の下地処理が施されている写真です。クロス仕上げがキレイになるか、この部分が重要なポイントでもあります。

クロスが貼り終わった部分もあります。吹き抜けのある部分の天井や壁のクロスは背の高い脚立だけでは手が届きません。そんな時は室内に足場を組んで施工をすすめます。脚立よりもしっかりしているので安全に、確実な形で施工を進められます。

2018.9.20

キッチンの壁となる部分が組まれています。キッチンのサイズやカウンターの形状に合わせ壁を形にしていきます。

可動棚が仕上がりました。沢山収納できそうですね。

2018.9.8

壁にPB(プラスターボード)がはりすすめられてます。ここは小屋裏です。小屋裏の天井高をMAXで確保できるよう設計されています。

階段を作っている段階です。階段は段数や天井の高さ等考慮しなければならい部分が多くあるところでもあります。上下階をつなぐ階段をしっかりと固定しています。

2018.8.31

監督と大工が施工現場にて打ち合わせをしている様子です。お客様の意思を図面確認しながら形にしていきます。細かい部分や図面かされない部分を大工と共に考え、現場はすすめられています。

吹付工事が施工されました。吹付と呼ばれる工法を用いています。隙間なく施工させていただいておりますので高い断熱性能が期待できます。

2018.8.16

バルコニーの施工状況です。外壁材の下地兼外壁内の通気の為、写真のような木材下地が施工されています。

 

床材が貼りすすめられています。床材が貼り終えた部分は傷や汚れが付かないよう、分厚い養生(写真上、青いシート)を念入りに敷いていきます。

2018.8.3

内部の配線工事・配管工事が進んでいます。
天井の上にはたくさんの配線と配管が施工されています。

ダンパーが取り付けられました。耐震補強材として取付られています。

2018.7.31

 

上棟時には取り付けられない細かな構造金物の取付が進められています。

バルコニー(ベランダ)の防水工事が完了しています。床面はこの状態が仕上がりになるため、写真撮影後床をブルーシートで覆い、汚れないようにしています。

 2018.7.24

 

快晴の日に上棟を迎えることができました。構造体が大人数の大工さんによって組み上げられる日です。上棟・建て方・建て前・棟(むね)上げといった、様々な呼び方がある日です。

クレーンが梁をつかみ、大工がそれを固定させていきます。連携をうまくとりながら建物は組みあがっていきます。

2018.7 .19

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日は晴天の中、土台伏せが行われています。
基礎時に埋め込まれ、飛び出た状態のアンカーボルトやホールダウン(金物)の位置を木材に記してその位置に穴をあける作業をしている段階です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お風呂の基礎断熱材料の加工をしています。基礎の立ち上がり部分と基礎床部分に断熱施工をしていきます。

 

2018.7.9

基礎配筋全景です。黒く✖印に見える部分は人通口位置です。監督が施工過程と図面ををチェックし、配筋直しを指示して工事が円滑に進むよう努めています。

ベース部分の配筋は一部ダブル配筋にしています。シングル配筋よりも強度が強くなります。

2018.7.2

基礎の掘削作業が終わり、防湿シートがひかれました。

地鎮祭時にいただいた鎮物を建物が建つ中心部に納めさせていただきました。

 2018.6.28

地盤の改良工事が行われました。

この改良は柱状地盤改良(ちゅうじょうじばんかいりょう)といわれ、深く掘った所にコンクリートを流しコンクリートの柱を地中に造る工法です。
地盤の調査を行った上で改良の方法が決められます。

 2018.6.23

 

 

解体が終わり地鎮祭を迎えました。テントをはってテント内で行わせていただきました。

 

2018.3.17

解体前のお祓いが行われました。

思い入れのある住まいとのお別れに寂しさはあることと思いますが、思い出を心に残していただきながら、新たなる生活の場に胸を膨らませていただければと思います。