長期優良住宅が基本仕様。
長く永く、安心で快適な暮らしをご提案しています。
1日1日を積み重ねて長く続いていく暮らし。
その毎日の気持ちよさと、未来もずっと安心でいられる心地よさを私たちは住まいのあるべき姿として追求しています。
住に関わるプロとして、高性能な住まいをご提案し、実現してこそその責任を果たせると考えます。

長期優良住宅とは 100年使える建造物を目指して、長きにわたって良い状態で使いつづけるための
評価基準を定め、国土交通省が認定をおこなっている住宅のことを指します。

長期優良住宅評価基準和工務店は基本としてこれらを満たす性能でご提案をしております。
※実際の長期優良住宅の申請には費用が掛かるため、お打合せのうえ申請の有無をご確認させていただきます。

耐震性
極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。
耐久性能(劣化対策)
数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。
維持管理、更新の容易性
構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。
住戸面積
良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。
省エネルギー性
必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。
居住環境
良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。
可変性
居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること。
バリアフリー性
将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。
維持保全
建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。

パッシブデザインで豊かな暮らしを 自然の力を最大限に活用し、エコで快適な暮らしを営む。それがパッシブデザインです。
光と風、技術と知恵を活かした暮らしのデザインで、心豊かな毎日をカタチにします。

太陽の光を有効活用

風の通り道をつくる

断熱効果を最大化

建てるコストと住むコスト

建てるコスト

誰もが気になる建物を建てるためのコスト。メーカーとは違い、画一された価格プランはありませんが、そのぶんご家族の理想の暮らしに合わせた上手な予算の使い方をご提案いたします。安心と快適を、あきらめずにカタチにするための知恵をご提供いたします。

住むコスト

光熱費やメンテンス費は、家づくりをしている最中には忘れがちなものです。しかし、新しい暮らしにもこのコストは必ずかかってきます。末長く、楽しく気持ちよく暮らしをつづけていくために、住んでからのコストをいかに下げられるかということも、私たちのご提案に含まれています。

エネルギーを創る
次世代ソーラーシステム「そよ風」

「そよ風」は、年間を通じて心地よい温熱環境をつくりだす空気集熱式のソーラーシステムです。冬は屋根面で集めた太陽の熱を床下に貯え、床暖房として利用。夏には放射冷却で冷やした空気を室内に取り入れて、朝夕の温度差を少なくします。太陽熱利用と太陽光発電を組み合わせてパッシブデザイン×ゼロエネルギー住宅(PASSIVE ZEH)を実現します。

おすすめコンテンツ

家づくりの流れ

そもそも家づくりって何をするの?そんな疑問をすっきり解消する和工務店の家づくりの流れをご紹介します。

お客さまインタビュー

和工務店でお家を建てられた方、リノベーション・リフォームされたお客様に、どこにこだわって・どうやって形にされたのかを伺いました。